アットベリー使用中のかゆみ

アットベリーを使用するとかゆい?その原因とは?

 

 

二の腕や脇のブツブツ・黒ずみに効果が期待できるアットベリーは、塗るだけで簡単にケアができてとても人気が高いのですが、時にはトラブルが起きる場合もあります。

 

それがアットベリーを使ってかゆいと感じること。

 

なぜかゆいと感じるようになってしまうのでしょうか。

 

まず使用量に原因がある場合があります。

 

アットベリーは大体1円玉サイズの量をしっかりと塗り込んで、べたつき感がなくなったら浸透した合図となります。

 

ですが、アットベリーの量をそれ以上に塗りすぎてしまうと、肌にべったりと残ってしまう場合があります。

 

肌は必要な分量浸透してしまえば、それ以上浸透できない場合だってありますよね。

 

無理やり浸透させようとしてもべったり残ってしまい、肌がアットベリーの保湿成分でふやけて、長湯したような状態になりかゆいと感じてしまうのです。

 

他にも肌が汗で汚れている状態で使用すると、汚れと混じってかゆいと感じる場合もあります。

 

また敏感肌の方もパッチテストをしないまま、アットベリーを使用してしまうとかゆいと思うこともあるでしょう。

 

アトピー肌の方も、使用する前には注意して必ずパッチテストを行っておく方が良いですし、敏感肌やアトピーではなくても、念のためテストしてみると安心ですね。

 

このように、アットベリーでかゆいと感じる場合もあるので、使用量や自分の肌の状態など必ずチェックしてから、安心して利用できるように注意しましょう。

 

 

敏感肌でも安心の成分

 

アットベリーはかゆいと感じる場合も、使っていて起こる可能性はあります。

 

特に敏感肌やアトピーの方にとっては注意が必要なのですが、それでもアットベリーはとても肌に優しい成分が含まれています。

 

もちろん使用されている成分は無添加であり、植物由来の成分も使用されています。

 

また肌への刺激となる、アルコール・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤なども使用されていません。

 

化学成分が配合されていないので、着色料も使用されていないのです。

 

またアットベリーはワキや二の腕に肘や膝だけで使用できるものではなく、他にもお尻やVラインなどのデリケートな部分まで使用することができるのです。

 

さらに顔や目元のケアとしても使用することができるのです。

 

これだけ成分が安心できるものであり、しかも敏感な部分でも使用できるというのであれば、敏感肌でも安心して使用することができますよね。

 

肌に刺激を与えないように、全ての成分が無添加で作られているアットベリーだからこそ、敏感肌でも使用することができるのです。

 

ただ稀に合わない場合もあるので、ひどい敏感肌やアトピーの方は念のためパッチテストを行いましょう。

 

それでも成分の安心が保証されているので、まずはアットベリーを使ってみて、その安心感をしっかりと実感しましょう。

 

 

肌に合わない際は返金できる

 

アットベリーは敏感肌でも使用することができるほど安心な成分で作られています。

 

成分も全て無添加なので目元や顔、お尻やVラインなどのデリケートな部分にも使うことができます。

 

ただし、肌にも個人差があり、もしかしたらとても肌に優しいアットベリーでも、かゆみや肌荒れが起きてしまう可能性があります。

 

ですがそんな時でも、アットベリーは180日以内であれば、ちゃんと返金もしてくれるのです。

 

返金保証というのは、だいたい30日が多いのですが、アットベリーはそれ以上の180日、約半年ほど納得ができるまで使うことができるのです。

 

お肌にはターンオーバー等も関係してくるものであり、さらに使い続けなければアットベリーの効果や肌への影響などがすぐにはわからない場合もあります。

 

3ヶ月ほど使用して、肌に影響が出る場合も可能性としてはあるでしょう。

 

長いスパンで肌の状態をしっかりと確認することができるので、敏感肌でも使ってみたいと思う方もアットベリーを安心して使用することができるのです。

 

ただし返金は初回購入分のみになり、送料や手数料は含みませんので注意しておきましょう。

 

それでもしっかり使っても安心できる返金保証制度があれば、損をすることもありませんよね。

 

黒ずみと敏感肌でお悩みの方も、まずはアットベリーを使用して様子をみながら、合わなかった場合は返金保証制度を利用してみましょう。

返金保証もあるアットベリー公式!