美白クリームハイドロキノンの安全性

美白クリームハイドロキノンの安全性

ここ数年、日本でもハイドロキノンを配合したクリームが販売されるようになりました。

 

その濃度はとても低く濃いシミにはあまり効果がないようです。

 

4%以上の濃度のハイドロキシンの販売は禁止されており、それ以上の場合は皮膚科医の診察と指導のもとで使用するように決められています。

 

 

海外では昔から塗る漂白剤として一般的に使われてきた成分ですが、日本では様々なリスクを考慮して販売を禁止されてきました。

 

シミやそばかすに効果があるのが分かっていたにも関わらず、なぜ日本では長い間禁止されてきたのでしょう?

 

実は、ハイドロキノンには様々な副作用があり、使用方法が難しい成分なのです。

 

 

皮膚科医の診察と正しい使用方法の説明によって安全に使用することができれば、長年の悩みを解決することができます。

 

しかし、それを市販で手に入るものにしてしまうと、間違った使い方によってトラブルが起こる可能性があるのです。

 

当然、市販のハイドロキノンクリームにも説明所が同封されていますが、それをしっかり読まずに普通のクリームと同じように使用したらどうなると思いますか?

 

シミやそばかすが薄くなるどころか、濃くなったり白斑などの皮膚トラブルを引き起こす可能性があるのです。

 

 

副作用の心配は?

 

ハイドロキノンを日本で販売するには海外での研究や調査をもとに、長い時間をかけて検討されたはずです。

 

ただの美白クリームになぜそこまでしないといけないのでしょう?

 

実は、ハイドロキノンにはいくつかの副作用が報告されており、その中で一番深刻なのが発がん性です。

 

濃度が高くなればなるほど、この発がん性リスクは高くなると言われており、肌のの状態や使用頻度、環境などによっては濃度が低くても発症する可能性があります。

 

シミやそばかすを薄くしてきれいになりたいと思って塗った成分で、命の危険もある皮膚がんを発症するなんて、考えただけで恐ろしいことです。

 

 

 

もちろん、正しい使用方法を守ることでがんの発症は極めて低くなります。

 

しかし、日本ではまだハイドロキノンの歴史は浅く、日本人が使用することによる発がん性や副作用につては、十分な調査や研究がなされていないのが現状です。

 

もしかしたら、日本人の肌にはとても合っている成分かもしれませんし、逆に危険性が高いと分かるかもしれません。

 

 

ハイドロキノンは、とても優秀な美白クリームですが、その分だけ副作用の心配もあります。

 

だからこそ、正しい使用方法を守ることが大切なのです。

 

返金保証もあるアットベリー公式!